石見神楽

大元神楽
大元神楽石見地方における地区開拓の祖神・守護神である大元神を祀る神楽で4~5年に1度、式年祭に行われます。
現在、石見の各地に残り、古くは神主または社人が行っていましたが、明治以後に祭式の部分を神職が行い、間の演劇風の面神楽を民間人が務めるようになりました。
神楽は、神を招く儀式を行いその神と一夜を過ごし、神と人とが一体となって楽しく舞い、唄い、飲食を共にして賑わうことにより、衰えかけた人心を鎮め、五穀豊穣を祈るための年中行事として秋から冬にかけての農閑期に行われています。 石見は、古くから神楽舞の盛んなところで、現在でも各地区に神楽団があり、毎年秋には極彩色の衣裳を身にまとい、勇壮華麗な舞が町内各地で繰り広げられています。
邑南町チャリティ神楽大会
邑南町チャリティ神楽大会邑南町社会福祉協議会の主催で開催されます。町内各地の16社中の神楽団が様々な演目を公演します。当日に寄せられる寄付金は「赤い羽根協同募金」として、子供たち、高齢者、障がい者などを支援するさまざまな福祉に役立てられます。
陰陽神楽共演大会
陰陽神楽共演大会邑南町商工会女性部&露天商店による各種バザーや神楽グッズの販売もあります。
阿須那神楽共演大会
阿須那神楽共演大会広島・島根両県の神楽団による共演大会。バザーもあります。
JA陰陽神楽大会&農協産業祭
日貫大元神楽フェスティバル農協産業祭と屋外ステージでの神楽共演大会です。バザーもあります。
日貫大元神楽フェスティバル
日貫大元神楽フェスティバル昔ながらの六調子神楽の共演大会です。バザーもあります。

邑南町ってどんなところ

邑南町(おおなんちょう)は、島根県の中部に位置し、農業を基幹産業とする人口11,101人の街です(H27国勢調査による)。 本町には、料理愛好家の平野レミさんが大絶賛する年間限定200頭の未経産黒毛和牛「石見和牛」を生産する業者、牛舎を持たない「完全自然放牧」に取り組む酪農家、チョウザメ養殖業者、ピオーネ、さくらんぼ、ブルーべりー農家など小規模ながらも特色のある生産者が点在しています。

邑南町へのアクセス方法

邑南町へのアクセス方法はこちら

リンク集

里山イタリアンAJIKURA

香木の森

瑞穂ハイランド

A級グルメSHOP

食の学校

なつかしの国石見

キッチンカー出店情報