日々の取り組み

ハウスのバラに、米ぬかの花咲か爺さん作戦!

投稿日:

6月半ばに花後剪定をした、ハウス内のバラたち。
二週間ほど経って、新芽が出てきたところで「花咲か爺さん作戦」をしました!

前にも投稿しましたが、当公園では米ぬかをよく利用します。
それはなぜかというと、
①安価で入手しやすい。町内のコイン精米所に行けば、タダでもらってくることが出来ます。
②米ぬかは栄養豊富。窒素、リン酸がバランスよく含まれ、また、ビタミンやミネラルなども多い。
③栄養豊富なため、土壌微生物のいいエサになり、活性化する。
④いい常在菌(私は善玉菌と呼んでいます)がいて、③とあわせた結果、土壌改良に役立つ。

#ただし、使い方には注意点があります。
土の中にはすきこまない。塊になるほど多量に使うと虫やカビの温床になるので、極力少量にする。など。

というメリットがあるからです。大事に育てているハウスのバラには、ことあるごとにこの米ぬかをよく使います。
特にこの新芽の時期、米ぬかの善玉菌を新芽に触れさせることで、その菌が新芽をコーティングしてくれるのです。空気中や土中の病原菌が新芽に取り付く前に先に陣地をとってしまう作戦です。これは、米ぬかオーガニックのバラ栽培で有名なバラ栽培家・小竹貴子さんのご著書で読み、以後実践するようになりました。

まず、うっすらとバラ全体に振りかけます。こんな感じ。
hanabusa721
あと必要なものは手箒や羽根箒。バラを傷つけないよう、天然素材がいいです。
hanabusa722

葉先や葉柄の凸凹に米ぬかが溜まりがちなので念入りに落とします。これが大変になるので、できるだけうっすらと振りかけるのが肝心です。落ちた米ぬかは塊になるほどでもない限りは、土の上に留まっても土壌微生物のエサになるのだけなので気にしなくて大丈夫。以上。
hanabusa723

この花咲か爺さん作戦は、新芽の時期にやります。3月、6月、9月、12月の年四回(剪定の時期の後ということです)。3の倍数月にはお忘れなく!
hanabusa724

-日々の取り組み

Copyright© 香木の森公園公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.